新宮茶喫茶としての営業は2019/3/31までで休止となりました。4/1以降は休憩室として開放しています。

マップ(街道茶店)

オープン通年(月曜定休・祝日の場合は火曜休・4月~8月は無休)
営業時間10:00~17:00

静寂の空間

霧の森の中でも一段下がった場所にあるため、驚くほどの静寂空間。夏の大賑わいのシーズンでも、ここ街道茶店だけはまったくの異空間です。
馬立川にもっとも近い建物とあって、月見台からは眼下を静かに流れる清流を眺め、時間を忘れてしまうこともしばしば。

休憩室

喧噪を離れたこの場所を休憩室として開放しています。どうぞゆったりとお過ごしください。

  • 霧の森で購入した商品の持込みはできます
  • 水着での入室はできません
  • 従来この街道茶店で提供していた商品の一部は、茶フェにて引き続き提供します

「街道茶店」の由来

「街道茶店」のネーミングの由来は、もちろん旧土佐街道。この街道のおかげで、村内は江戸時代から明治時代にかけてそれはそれは賑やかだったことでしょう。
霧の森は街道の宿所・馬立本陣のすぐ前に位置し、おそらくこの地にも茶店の類があったろうと考えられます。土佐侯の参勤だけでなく、行き交う庶民の休みどころとして、一服の新宮茶は至福のひとときだったことでしょう。

霧の森の周辺をぐるりと流れる清流・馬立川は、実はこの街道茶店からの眺めがもっとも美しく、とくに10月後半から11月前半にかけての紅葉シーズンに茶店の立礼席や濡れ縁から眺めると、その自然の彩りの美しさにうっとりとしてしまいます。