レストランホール

贅沢なまでの環境に囲まれたくつろぎのスペースで、山の料理をゆったりとお楽しみいただけます。おすすめはなんといっても「茶そば」のお料理。新宮茶を贅沢に味わっていただけます。このほか「おぼろ豆富」も開店以来の大人気メニューです。
周りをぐるりと木立に囲まれて、まさに森の中のレストラン。全面ガラス張りの開放感がよりお食事をおいしく感じさせます。清流・馬立川のせせらぎが眼下に見え、空中に浮いたような錯覚さえ覚えます。
また、2階には宴会や会合にご利用いただける座敷もございます。

マップ(レストラン)

オープン通年(月曜定休・祝日の場合は火曜休・4月~8月は無休)
営業時間ティータイム 10:00~
ランチタイム 11:00~16:30(16:00ラストオーダー)
※GW・夏休みは11:00~16:00(15:30ラストオーダー)
ディナータイム 17:00~20:00(19:30ラストオーダー)
※ディナーは前日までの予約制(GW・夏休みは予約不要)

心躍る山の料理のおもてなし

当店自慢のお料理は、「霧の森茶そば」。
新宮茶を贅沢に練りこんだそばは、まるでお茶、と評されるほど。いつもは脇役の茶そばが、新宮では主役の逸品です。
また「おぼろ豆富」は、オーダーをいただいてから豆乳に天然にがりを加える人気メニュー。温かく、とろけるような口どけをお楽しみいただけます。大豆本来の甘みをご堪能いただきたいから、まずは醤油や薬味をつけずにそのままお召し上がりください。
この他、あめご(アマゴ)やシシ、山菜など、新宮村を代表する山の素材をふんだんに採り入れたメニューも、山を感じられる味わいとして人気を呼んでいます。

ランチメニュー限定の「四季膳」も、季節の贅をリーズナブルに楽しめると好評です(数量に限りがありますので、万一完売の際はなにとぞご容赦ください)。
ディナーには「しし肉と鹿肉の炭火焼き御膳」などの特別なメニューもご用意しております(前日までの予約制)。

豊かな自然に囲まれて

レストランホール

全面ガラス張りのホールは自然との一体感を生み出します。
昼は一面緑の木立の中で、眼下を流れる清流・馬立川のせせらぎを聞きながら、大自然の中での豊かなひとときをお過ごしいただけます。
夜は一転して漆黒の闇に浮かぶ静寂なホールで、心ゆくまでディナーをお楽しみいただけます。

ご予約

ランチタイムのご予約は平日2名様、土日祝5名様より承ります(ただし、GW・あじさいシーズン・夏休み期間等、繁忙期のご予約はできません。詳しくはお問合せください)。

ディナータイムは前日までのご予約制です(GW・夏休みはご予約なしでも一部メニューをお召し上がりいただけます)。

ご予約は3ヶ月前の同日、朝9時より受け付けております(例:8月10日ご利用予定の場合、5月10日より受付をはじめます)。