▼ ホーム


最新情報

公式フェイスブックページ


何があるかな?

自然いっぱい!

お腹すいたぁ!

ゆっくりしよ!

お土産ほしい!


▼ イベント情報 
5/20~ 花と書と 三人展
6/3 お茶まつり
~6/4 花遊 押し花作品展
▼ 新製品情報 
5/10 ディナーメニュー
4/28 茶畑ロール
▼5月の定休日 
霧の森 無休
霧の高原 7・14・21・28
松山店 28
▼6月の定休日 
霧の森 無休
霧の高原 4・11・18・25
松山店 25
▼ 周辺便利帖
気象情報(Yahoo!)
高速道路状況(Nexco)
四国中央市観光協会

霧の森

霧の高原

新宮わきの茶

SNSで共有...


 

新宮わきの茶

新宮わきの茶


 

え? 愛媛でお茶?

「霧の森は愛媛のお茶どころ、新宮村のお茶を使っていて…」と説明すると、確実に返ってくる反応が「え? 愛媛でお茶? 愛媛はみかんでしょ」というもの。でも、実はお茶の産地も数多くあるんです。

新宮村のお茶の歴史

新宮茶の歴史は昭和26(1951)年まで遡ります。

当時の村長が今後の特産品作りにと、静岡からお茶の苗木を取り寄せて始まったのが新宮茶の栽培です。そして昭和29年には、

  • 川の朝霧が立ちこめる地形であったこと
  • 村の土地のほとんどが傾斜地で排水がよかったこと
  • 昔からヤマ茶が自生していたこと

などお茶栽培に適した新宮村が、愛媛県から選ばれてヤブキタ種が導入されました。県内各地でヤブキタ種の導入は失敗していましたが、新宮村のお茶栽培の中心人物として参画した脇久五郎さんが試行錯誤の末に初収穫した新宮茶は、静岡県茶業試験場において「香気日本一」の折り紙がつけられ、現在にまで通じる新宮茶の礎を築いたのです。

この栽培成功の知らせは各地に知れ渡り、県内外の自治体や農業団体から苗木を譲り受けたいとの希望が殺到し、こうして新宮村は四国のお茶産業の発祥の地となりました。

無農薬栽培

昭和58年、2代目の脇博義さんはついに低農薬ではなく無農薬に踏み切ります。

1年間手つかずだった茶畑を剪定したところ、わずか一夜にして茶畑一面にクモの巣が張り、それを見て天敵利用を思いついたそうです。クモはお茶の害虫にとっての天敵ですが、農薬をかけていればクモさえもいなかったことでしょう。現在ではクモの他、ハチやテントウムシなどさまざまな天敵の力を借りて、自然の生態系を利用した無農薬栽培が定着しています。

もちろん無農薬で栽培するには強い木に育てなくてはならず、そのために化学肥料を減らし有機物を豊富にすきこむなど、土から作り替えなければならなかったのですが、そうした筆舌に尽くしがたい苦労の連続が新宮茶の現在を支えているのです。

新宮わきの茶

こうして新宮茶のパイオニアとして歩んできた脇製茶場は、平成12(2000)年には「第2回 国際銘茶品評会」で金賞を、平成18年には「第55回 全国農業コンクール」で農林水産大臣名誉賞を受賞するなど、その味と香りの高さが認められました。

今では、新宮茶の中でもとくに脇製茶場のお茶を「新宮わきの茶」と呼び、霧の森では霧の森大福をはじめとするオリジナル商品や茶フェやレストランメニューの原料茶に、この新宮わきの茶を100%使用しています。和菓子にしても洋菓子にしても失われない強い香りは、新宮わきの茶だからこそです。

新宮茶(外部サイト)
脇製茶場(外部サイト)